×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■伴侶動物班勉強会

◎ペットショップとブリーダー(犬を例に) 担当:竹村
  ・ペットショップで売れるのは小さいこ。小さければ小さいほど、若ければ若いほど売れる
    →2ヶ月も経たないうちに母親から引き離されたこも多い
    (生後2ヶ月の間は母親から母乳をもらって育ち、その母乳から必要な免疫などをもらうため、
     2ヶ月以内に母親から離されたこは病気になりやすい)

  ・ペットショップにいる間は不衛生。
    小さなハコに入れられ、トイレの始末も遅れるため。

  ・しつけがされない
    本来親(特に父親)から受けるはずのしつけがされないため、
    外で他の犬と遭遇したときの挨拶の仕方がわからない。など。

  ・どんどん産ませるブリーダー
    こどもをどんどん産ませて母親の状態は見ない。
    たとえ病気であったりしても放置する。など。
    怖い人たちが一枚噛んでる場合も多々。

  ・私たちにできること?
    事実を周りに広める。
    良いブリーダーを教えてあげる。
    動物との正しい接し方を教える(キスなどの過度なコミュニケーションは避けるなど)
     →ただし、動物を怖いものだと教えるわけではないことを注意する。

  ・良いブリーダーとは?
    母親を見せてくれる。健康状態なども。
    こどもたちがやせ細っていない。
    2ヶ月は待ってねと言ってくれる。


◎ズーノーシス(人獣共通感染症) 担当:笹川
  ・どんなものがあるのか
    ・狂犬病
    ・エボラ出血熱
    ・ペスト
       など。他にもたくさん。BSEなども。

  ・日本は島国
    他の国とは海で隔てられているので病気が簡単には入ってこない。
    日本で発症してない病気についてあまり知られていない

  ・検疫
    現在の日本の検疫はとてもあまい。
    犬、ネコ、猿(狂犬病になる動物、エボラ出血熱になる動物)など検疫対象動物は少ない。

  ・もし日本で知らない感染症がでたら。
    対応が非常に遅れる。
      →だから、あまりエキゾチックアニマルには手を出さない


---戻る